5/3

この日から天気が崩れる。との予報。だったんですけど、薄っすら雲が出ている程度で良い感じ。

テンション上げて出発!

して数十分も経たずに、この日、一発目の観光!

この日の自分は、やりますよ(笑)

訪れた場所は

関ヶ原合戦決戦地。

しばし、この天下分け目となった土地を眺めて、妄想タイム。

だったんですが、どうにもこうにも、静かに時が流れている

のどかな田園地帯を見ていても、この地が、人の血で染まりきった場所だとは思えませんね~。

日本や、色んな人の運命がここで動いたんですもんね。

その後は、関ヶ原の戦いで敗れた西軍について戦っていた足軽のその後のストーリーを勝手に妄想しつつ、琵琶湖など眺めつつ、快走!

ふと目の前に現れる、この旅初の、

日本海!

ここからは、基本、日本海沿いを走って出雲大社を目指します。

この間話題になった福井県小浜市を通り抜けて、お次の観光は、京都府舞鶴市の舞鶴港。

停泊している

 

海上自衛隊の船を眺めたり、

立ち並ぶ赤レンガの倉庫街を散策したり。

良い時間。

 

気合いを入れなおし、再び走りだす。

っが、天橋立が行く手にある為、すぐに天橋立渋滞に突入・・・

無理しない程度にスリ抜けして、渋滞地帯をパス。

そのまま暫く走っていると、なんて事ない場所で、やけに人が歩いてます。

なんかこの辺に観光地なんてあったっけ?

と思ったら、ありました。ありましたね。

JR山陰本線の余部鉄橋が。

自分、知りませんでしたが、今、橋の架け替え作業の真っ只中なんですね。

さよなら。餘部鉄橋。的なイベントが開かれていて大盛り上がり。

何だけど、自分は、この余部鉄橋の先に、物凄~く、自分好みの

神社石段を発見して、独り、大盛り上がり(笑)

あっ、自分、鉄道は興味ありませんが、石段が大好きで~す!

神社の名前が分かりませんでしたが、とにかく、急で、尚且つ、崩れかかっていて、そして、角の削れ方も最高!

う~ん。久し振りに、いい石段に出会えて、これだけでも今回のツーリングは満足だったかも(笑)

多分、神社の名前は、上にに貼り付けた地図に出ている「八柱神社」だと。

あっ、石段が素敵な神社。なんて皆さん興味無いですね~(笑)

 

その後は、ブログのネタ用に、1度行って幻滅した鳥取砂丘でも、通りかかるついでに立ち寄ってみましょか。と思っていましたが、鳥取砂丘では丁度、砂像イベントみたいな奴が開催されていて、それはそれはとんでもない数の人が集まってきているようで、おのずと、大渋滞・・・

安全に気を使いつつ、渋滞をすり抜けて、日本海を眺めつつ気持ちよ~く走っていたら、気付くと、島根県松江市に。

このまま走ると、出雲大社へも行けちゃうな。と思ったけど、出雲大社の周辺に宿が無いと困るので、松江市に宿泊する事に。

まだ時間が早いので、ビジネスホテルにチェックインして、ホテルの人に松江オススメスポットを聞いて、松江観光。

先ず向うは、

松江城!

このお城、いつか見たいと思ってたんですよね~。

良くある、観光用のコンクリお城ではなく、築城当時のまま残されています。

天守最高階からの眺めは

宍道湖が見えて、文句なし。

世は満足じゃ。はい。ゴメンナサイ。

 

その後、ホテルの人一押しの、宍道湖に沈む夕日が綺麗に見えるスポット。

島根県立美術館。

う~ん、男一人旅の自分にすすめるようなスポットですか?

夕日に染まって、夕焼け番長になっちゃうよ。

夕日ですよ!

と言う疑問はあったけど、丁度、太陽が沈み行く時間だったので、折角だから立ち寄ってみました。

女A 「綺麗ね~(うっとりと男に絡み付ける妖しい視線)」

男A 「あ~。綺麗だな(今夜やったる!と鼻息荒く。しかし、その鼻息を押し殺す)。」

と言った会話が、周りの男女の間で飛び交っていましたが、まぁね、自分は独りですから(苦笑)

つうか、ここ、どっかで見た光景。と思ったら、そうです!

NHK朝のドラマ「だんだん」でよく使われてた場所でした~!

「だんだん」のお蔭で、松江市内を見学していても、あっ、ここでめぐみが歌ってたんだよな~。

とか、宍道湖の漁師さんを見ると、鋤簾(じょれん)アッパー!頑張れ栄作!とかね、頭の中が「だんだん」モードになってしまったのが、とても残念だったり・・・

 

あっ、ここで、残念なトラブルが発生してしまったんですが、それはまたの機会に。

 

そして、宿に帰ってエレベーターに乗ると、乗り合わせた人の会話が耳に飛び込んでくる。

「忌野清志郎死んだんだって?」

衝撃でしたね。

中学、高校生位の時、初期のRCはよく聴いてました。

というか、今でも大好きです。

そして、中学生の時に、ブラウン管の中の生放送タイマーズを観ていたらFM東京と言う曲を、いきなりやったのでビックリでした。

真のパンクですね。

あっ、これは、清志郎ではなく、ゼリーさんか(笑)

なんて事を思い出しつつ、宿で大人しく、

 

献杯。

 

岐阜県~滋賀県~京都府~鳥取県~島根県と駆け抜けたこの日の走行距離 451km