2連休で行って参りましたツーリング。

今回の目的地は、茨城・栃木・福島の県境。

目的地にたどり着く前に

茨城県大子町。

以前立ち寄って写真撮影したのに、画像データが行方不明になっていたので、再度、写真を撮るために

こんな倉に。

これ、水戸藩郷校 文武館文庫。

残念な事に

ここにも震災の傷跡が・・・

この文武館、天狗党も関連していたりします。

っが、だれも興味がないだろうから端折りま~す(笑)

 

っで、ここのすぐ近所には

こんな神社があります。

 

蒟蒻神社。

この大子町、江戸時代、ここに住んでいた藤右衛門さんの発見により、日本にコンニャク革命をもたらした、コンニャクにとって記念すべき土地。

そして、革命はコンニャク世界だけではなく、コンニャクで潤った資金で幕末水戸の志士達を支援して、日本という国に革命が()’&%E$&'()'()=

 

まっ、この辺も、だれも興味がないだろうから端折りま~す。

詳しくは

コンニャクWiki

もしくは、古書屋さんで

常陽芸文 1989年10月号を探して読んでみてもいいかもしれませんね!

コンニャクの歴史入門な感じですよ~。

っで、そんな大子町、さらに奥に行くと、今回のツーリングの目的地、

八溝山山頂の展望台。

このブログにも何回も登場しているこの場所、なんとなく疲れた時などに訪れてボケッとすると、不思議とスッキリする大好きな場所。

ここで

1時間ほどボケ~っとして良い時間。

これで、今回のツーリングの目的は終えた感じです(笑)

っで、今回は無計画に【栃木県なんとなく日帰りじゃ行きづらい場所適当に走ってみるツーリング】とする事に。

先ずは、八溝山から下山して、栃木県伊王野の道の駅で

手打ちそばをズルり。

何度か食べていますが、いつ食べても満足できます。

そっからは、山間の良い感じの道を気持ちよ~く

適当に走っている内に、白河市の看板。

あれ、白河市という事は、栃木県じゃなくて福島県だ。

ついでに

白河の関を見物。

その先、っていうか、走っている内に、震災の影響で通行止めとなっている道路があり、う回路を走っていたら、本気で道に迷って、農道などに迷い込んだりしながら

気付いてみたら、福島県郡山市に。

どうりで、小学生達が全員マスクして歩いているわけだ。。。

福島市&郡山市、子供たちが校庭で遊ぶ事を制限されている場所ですよね・・・

まぁ、マスクなしで走ってしまいましたが。

ここまで来たら、予定変更。

ビビったってね、これからも関東地方で暮らしていく限り、結局、放射能の中で生活しなければいけないんだし、食べ物も、どうあがいても、放射性物質に塗れた物ばかりになっていくんだからね。

チョッと数値が高いと言われている所に数日身を置いたところで。

自分、小学生時代、福島市で過ごしたことがあるので、懐かしみつつ福島市でも観光してみようかな。ってなテンションになり、福島市へ向けて走っている途中、ずっと見たかった場所があったので、福島県二本松市の

観世寺へ。

ここ、安達ヶ原の鬼婆伝説の地。

一度、じっくりと観てみたいと思っていたので、訪れる事が出来て  

 

 

だ~っ!!!

閉まっていました・・・

辿りついた時間が遅かったようで、閉館。

無念・・・

鬼婆のお墓と言われている

黒塚は見る事が出来たんだけどな~。

お寺の中の岩屋が観たかったのに・・・

残念。

その後、無事福島市に辿り着き

福島市の信夫山に登って、展望台でボケッと過ごしてみたりして、宿を福島市のビジネスホテルにとり、夜は当然、

居酒屋へGO。

食べ物も美味しくて、それだけではなく、お店のオーナー夫妻に日本酒バンバンご馳走して貰って良い夜、酔い夜。

しかし、ここでの話題の中心は、やはり、原発問題。

既に始まりつつある差別やら、子供の問題やら、農業の問題やら、やはり、福島市は放射能の数値が高いという事で色々な問題が起き初めているようで。

やるせない気持ちになり、日本酒グビリ。またグビリ。

福島に住んでいた時の友人とは連絡取る事は全く無い状態ですが、そのまま福島市に住んでいるならば、色々と大変な事になっているんだろうな~・・・

切ない気持ちで一杯になった夜でもありました。

形がない、目に見えない放射能というものに苦しめられて日常を壊されていく事の重さ、そこに漂う希望なき苦しさを感じた、そんな夜。

何とか、何かしらの形でどうにかならないもんかと祈る事しかできない自分なんですが。

 

呑んで語ってペロンペロンでオヤスミナサイな酔い夜でした。

 

そんな、予定外に予定外な所に行ってみたツーリング1日目。