昨日は定休日。

午前中、早起きして自分の愛車vespa100のテストラン的プチツーリング。

向かった先は

筑波山。

このブログで、筑波山に行ったネタは何度も書いてます。

ので、端折りつつ。

以下、水戸天狗党ネタ。

天狗党?

って方は

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%8B%97%E5%85%9A%E3%81%AE%E4%B9%B1

先ずは、茨城県つくば市栗原にある

天狗党の方々19名が埋葬されている天狗塚へ。

この後は

つくば道で筑波山神社へ。

つくば道はこんな道

途中、

水戸天狗党の田中愿蔵が本陣として駐屯した普門寺へ。

この普門寺を抜けて少し走ると、段々と

勾配がきつい急坂登場。

 

そのキツさ、どれくらいきついのかは写真じゃ伝わらないので気になった方、走ってみてくださ~い。

 

この急勾配の坂をベスパ100で登ってみたかったから、やって来ました筑波山。といった感じの昨日でした。

100で登れるのか。

そんな疑問。

結果、登りはガンガンとは言えないけど、ギリギリでもない感じで登れちゃいました。

良い感じ。

そんなつくば道を登りきったところにあるのが

天狗党が宿泊していた対宝館の跡地。

ここから筑波山神社はすぐ。

神社の前に、神社と隣接している

筑波山大御堂へ。

っで、

筑波山神社を参拝。

敷地内にある

藤田小四郎の像の前で一服。

 

 

 

 

この筑波山の天狗党ネタ、ほんんと、何回書いてるんだよ。って感じですね。

自分のお散歩ツーリングでは定番コース。

各天狗党関連の史跡に関しては、細かくあれこれ書きたいところなんですが、そんなこと書いていると何のブログだか全く分からないし書き終わらないので端折りに端折りましたが。

 

っで、肝心の100の走行チェック派というと、筑波山神社の後もちょろちょろと周辺の山を走ってみましたが、登る分には全然問題ないですね~。

っが、問題あるのが下り路。

ギアが3速なもんで、コーナーを何速で抜けるかがコーナーごとに悩んじゃう。

ギアを落とすとエンブレがガンガン効いちゃうし、そのまま曲がるとコーナー抜けた後の立ち上がりが失速しちゃう。

下りでのギアの選択がやはり難しいですね~。

 

そろそろ、エンジンどうにかしなきゃな~。

3速ノーマルのままオーバーホールしちゃうか、4速のET3エンジンに積み替えちゃうか。

前にも書きましたが、未だにそんな事悩んでみたり。

っで、昨日走った結果、更に悩む事に。

平地では3速のマッタリ感が乗ってて気持ち良い。

ノホホンとした気持ちで走れちゃいます。

っが、山となると、やはり4速が良いかも。

なんて思っていたのに、登る分には問題ないし。

下りさえ我慢すれば・・・

 

悩む。